ドムドムハンバーガーは本厚木の会社です。話題の「丸ごと!!カニバーガー」食べてみました

本厚木の事

 たまには地元本厚木のお店の情報です。

ドムドムバーガーのまるごと!!カニバーガー

ドムドムハンバーガーは本厚木に本社をかまえる会社

なんで?ファーストフードのチェーン店が「本厚木の情報」なのか?と思われるでしょう。

実は有名なドムドムハンバーガーは本厚木に本社をかまえる企業です。なので「本厚木のお話」と言っても良いと思っています。

もともとは別の企業グループの系列会社だったのですが、本厚木に本社がある企業が買収したのだとか。(wiki令和2年9月30日時点) 

私たちの会社のすぐ近所に本社があります。

丸ごと!!カニバーガー

  で、この「丸ごと!!カニバーガー」。ハンバーガーなのになんで蟹?カニ風味の練り物とか?でないと食べれないじゃん・・という考えが一瞬頭をよぎりましたが、柔らかいソフトシェルクラブが挟んであるらしいという事は画像で解りました。そりゃそうですよね。でないと噛めないですもんね(笑。

そもそもソフトシェルクラブとは

  ちなみにこのソフトシェルクラブ。なんで柔らかいのかと言うと、カニは変態をする時に脱皮しながら成長するのだそうで、脱皮の直後は柔らかいので、油で揚げれば皮ごと食べれるのだそうです。

このソフトシェルクラブが日本でメジャーになった場所は

 このソフトシェルクラブが日本でメジャーになった場所は、三重県の「鳥羽国際ホテル」からだと読んだ事があります。もともと同ホテルはヤマハのグループ企業で、そのヤマハの有名ワンマン経営者だった川上源一氏がアメリカで知ったこの蟹を、鳥羽の漁師さんたちに供給か可能かどうか聞いて回ったら、「余裕」という答えがかえってきたので、早々にホテルのメニューに載せて名物料理になったのが、始まりだとか。

という情報のソースはこの本。若いころに読みました。

 大前研一著 「やりたいことは全部やれ」講談社 

やりたいことは全部やれ! (講談社文庫) | 大前 研一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大前 研一のやりたいことは全部やれ! (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。大前 研一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またやりたいことは全部やれ! (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 このエピソードはネットにもたくさん転がっているのでよかったら探してみてください

(「大前研一」「川上源一」「ソフトシェルクラブ」とでも検索すれば沢山でてきます)

なぜドムドムでソフトシェルクラブバーガーか? 

 でね、ドムドムがこのバーガーを投入した理由なんですけど、(wiki令和2年9月29日)のシェフが商品開発に参加した事例があるそうなので、このソフトシェルクラブを挟んだ「まるごと!カニバーガー」もその一環かもしれないですね(私の想像ですよ)。

元気なドムドムハンバーガー

 という訳で「まるごと!!カニバーガー」から文章を書いてみました。少し調べてみただけでも、このドムドムハンバーガーがとても元気な会社だという事がわかります。

コロナウィルスの流行の中、マスク不足の時にはいち早く「オリジナルマスク」を販売したり、最近では「浅草花やしき」に新店舗を出店

したりと話題豊富なチェーン店です。

何だか、社会に「元気だそうよ」と言ってくれてる気がしますね。好きな会社の1つです。

追伸 

この「まるごと!!カニバーガー」を食べたのは9月の29日でした。でもwebをみたら「10月1日発売」となっていました。厚木店は先行販売だったのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました