「読む餃子」パラダイス山本著

ロングセラーの本

 このブログは一応、書店のブログなので本のご紹介をします。

「読む餃子」パラダイス山本著 新潮社

読む餃子 (新潮文庫) | パラダイス山元 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでパラダイス山元の読む餃子 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。パラダイス山元作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また読む餃子 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

著者のパラダイス山本氏がゲスト出演しているラジオ番組を聞いて、面白かったのでその場でスマホで衝動買いしました(残念ながら、プロの書店から見てもアマゾンは便利です)。

餃子の文化、歴史の考察にレシピにエッセイ。餃子の事が詳しく、面白く書かれています。実に良い内容でこれで490円(本体)は本当に安いと思います。

餃子をテーマによくここまで世界を広げられるなと感心するしかありません。

その意味では「物事への考え方」や「楽しみ方」の本としても興味深く読むことができます。

少々砕けすぎな表現(失礼ながら)が目立つので、おそらく新刊単行本の時はサブカル本の範疇だったのだろうと推察します(そこから文庫になるんだからだから本当に凄い話だなぁ)。

私にとっても一生本棚に置いておくだろうと思います。たぶん捨てません。

唯一イラっとした箇所をあげるとすれば、文中に「~でございます」と書くところを「~でぎょうざ(餃子)います」と表記されている点です。「さかなクン」的は演出なのでしょう。ただ読んでる途中で慣れました。

コロナウィルスの流行で自宅で料理をする機会が増えていると思います。ぜひ買って、料理のご参考になさってください。

※この著者さんが経営する日本でただ一軒の会員制餃子店「蔓餃苑」。いつか行ってみたいなぁと心から思うけど、まぁ無理だろうな。

 

タイトルとURLをコピーしました