タブレットPCでノートもとれる。

タブレットPCの勧め

今までスマ-トフォンやホとタブレットPCでメモをする時には
GoogleドライブのGooglekeepかGoogleドキュメントを使っていました。

Google keepは簡単なメモや忘備録やチェックリスト等に使っています。
アーカイブ機能やら、リマインダーの設定、チェックボックス機能等をうまく使えば、大変便利で仕事に欠かせないものになります。

Googleドキュメントはちょっとしが長さの文章を作るときに使っています。今まではマイクロソフトのワードで書いていましたが、途中でフリーズしたり保存し忘れた時にせっかく作りかけた文書が無くなってしまう事がありましたが、Google ドキュメントだとどんな時も自動保存になるので安心です。PCやスマホやタブレットのどこからでも編集できるのでものすごく便利に使っています。

で、スマートフォンやタブレットPCでのメモの使い方はこんなものだろうと思っていたら、若い人達の間では、タブレットPCでノートもとっていると知りました。特にipadを使ってる学生さん達はでGoodnotesというアプリを使っているそうです。

このGoodnotesというアプリは前述のGooglekeepのようにメモをとる為ではなく、タッチペンを使って授業を受けながらノートをとる時に使われているようです。会議や商談でスマホにメモをする事は気がひける時などにも便利そうです。さらに画像を挿入でき、しかも後々キーワードで検索する事ができるとか。

大変良い事ばかりのようですが私はアンドロイドのタブレットを使っているので使う事はできません。タブレットの設定を変えてアップルストアに入会すれば使う事はできそうですが、それも面倒なので、他に似たようなアプリはないかと探していたらマイクロソフトのOnenoteが一番という事がわかりました。

で、このOneNoteを早速にインストールしてみました。

 

起動してサインインしてすぐにアプリを開いてみましたが「ノート」「セクション」「ページ」等と表示されていて一瞬と戸惑います。

 

でもよくよく考えてみれば実に簡単な話で、

「ノート」は、例えるなら「国語」「算数」「クラブ活動」等のジャンルの事。実際に紙のノートの分類と同じことですね。

「セクション」は授業のメモ、課題など、実際の紙のノートを使う時にインデックスを貼り付けて分類するような話です。

で「ページ」は文字通りページ。

という事だと解ります。

まだ初歩的な使い方しか解りませんが、画像を貼り付けたり、画像の中の文章をテキスト化してくれたりもするみたいなので、もう少し慣れればかなり重宝できると思います。

 

わが社はおかげ様で忙しくさせて頂いており、結果として膨大な文書やメモ類がどんどん溜まって、よく紛失したりしてしまいます。

ですのでこのマイクロソフトノートはとても重宝できそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました