「50代からの人生戦略」佐藤優著 青春出版社 

注目の本
ノートPCのフリー画像

「50代からの人生戦略」佐藤優著 青春出版社 isbn9784413045896

気付けば私もアラフィフです。
そんな理由から先日この本を買って読みました。

50代からの人生戦略 (青春新書インテリジェンス) | 佐藤 優 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで佐藤 優の50代からの人生戦略 (青春新書インテリジェンス)。アマゾンならポイント還元本が多数。佐藤 優作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また50代からの人生戦略 (青春新書インテリジェンス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

この手のタイトル「50代からの」と「人生」というキーワードが二つ付けば、だいたい内容が想像できてしまいます。

「50代なら今の会社にはしがみつけ」「今までできなかった事が50歳からできる訳がない」「出世やキャリアアップは諦めて私生活を充実させろ」「老後のおかねはいくら必要だ」と言うパターンです。

まったくそのとおりだと思いますし、この本の中でも著者の佐藤優さんは50歳になったらもう今さら新しい事を勉強しても実社会で役に立つ事は殆どないと書いています。英語を勉強したところで今さら通訳になれる訳ではないし、海外ビジネスの仕事にありつける訳もありません。数学を学んでみたところで高等数学を活用するような仕事なんて近づく事もできないでしょう。
(もちろん趣味の分野としてならまた別の話ですが)。

このままだとまったく救いはありませんが、この本ではこうとも書かれています。過去に学習した内容をもう一度やり直してみる事は良い事なのだそうです。遠い昔に一度学んだ事であれば、その後の人生経験が合わさって実社会の役に立つところまで発展させる事ができるのかもしれないとも書かれています。

なるほど。実に納得できる話です。

それからこの本の巻末の方で50歳から必要な物として「教養」を挙げています。
著者の佐藤優さんは、ロシア駐在の外交官として活躍し、キリスト教の解説でもとても有名な人です。だからそんな人が紹介する教養というのも古典等に触れとても面白く書かれています。

ついつい面白くて買ってから1時間ちょっとで読み終えてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました